右と左は同時に見(ら)れない

右と左は同時に見(ら)れない

興味の範囲は幅広く。

もの申す系のブログって見ていてなんか腹立たね?

f:id:penipenipudding:20170826191359p:plain

 

何かに対してもの申すブログあるじゃないですか?

 

○○する奴は絶対に○○だから○○した方がいいぞ

 

とか

 

○○のやつはクソだから○○だぞ?

 

とか

 

○○の奴、お前は○○だから今すぐ○○しろ!

 

だとか

 

○○のやつは△△すぎて□□だから○○して△△して□□しとけば○○になれるから△△だぞ

 

だとか

 

あれってなんか腹立たね?

 

シュッ (何かを投げる音)

 

特定のコレっていう記事を頭に浮かべながら上の例を書いた訳ではありませんので、僕の想像しているもの申す系とみなさんが想像しているもの申す系とが一致しているかは分かりませんし、そもそも例に出したものがもの申しているかと言われるとそれは分かりません

 

もの申されていると感じる人もいればもの申されていないと感じる人もいるでしょう

 

そういったもの申す系の記事に腹を立てるという事はそういった記事を読み、自分の生活と比べた時にあまりにもあてはまりすぎてコンプレックスを攻撃されているように感じて効きすぎてるだけじゃね?と思う方もいるかもしれません

 

シュルルルルルルル (何かが飛んでいく音)

 

ですが僕が今回腹を立てている記事としてはタイトルでのテンションと記事の中身のギャップが大きすぎる場合の事を言います

 

タイトルでそこまで言い切りの形を取っているのであれば記事の内容や中身がそれなりに納得させられるものであったり、タイトルで言っている極論とも取れる考えを隙のないように論じていなければいけないと個人的には思っています

 

ですがそういった言い切りの形や極論をタイトルにて使用している人達の記事の中には最後まで記事を読んでも「いや、それって人それぞれだよね?」と思わされるような記事もいくつかあります

 

シュルルルルルル (何かが戻ってくる音)

 

基本的には人の考えというものは人それぞれが当たり前という事は絶対としてありますのでどんなもの申し系のタイトルや記事だって「それは違う!」と言おうと思えば言えると思いますし、実際に違う場合だってあります

 

それは前提としてありますが、記事によっては「それは違う!」の範囲があまりにも大きかったり、多すぎる場合の記事があると思っています

 

「それってあまりにも人それぞれすぎるよね?」と思わせるような記事です

 

最後まで読んでも結局その記事を書いている人の主観でしかなかったりするわけです

 

シュルルルルルル (何かが戻ってきている音)

 

この場合も結局の所突き詰めるところまでいけばすべてのブログや記事は書いている人の主観は必ず入ってしまうものとも思うのですが、僕が今回腹を立てているようなものには「筆者の主観があまりにも強すぎる」と思うものもあるんですね

 

結局の所読んでもらえるかそうでないかは記事のタイトルが多くを占めるということは分かりますし、タイトルでは人生観についてのことを書いていたりしても中身が「チョコレートおいしー」って内容であったとしてもクリックされたことに関しては変わりがないのでインパクトあるタイトルを目指すことについても分かります

 

(結局記事滞在率とかもあるみたいなのでタイトルが全てではないですが)

 

ですが、タイトルを見た時に思う期待度であったり気になるの大きさが大きいほど記事を読み終わった後のタイトルと期待度のギャップが大きくなりそのギャップの大きさというものがその記事をよんだ後の満足感であったり、がっかり感であったりそれこそ腹を立てたりということに繋がるように感じます

 

そういったギャップを引き起こしやすいのが今回題材にしている、もの申す系のタイトルであったり極論系のタイトルなのではないのかなと思っています

 

ブログでお金を稼いでいることを目的としている人だとPV数が一番かは分かりませんが間違いなくPV数は大事ですし、むしろそれを一番大事にしていると言っている人がそういった記事を書いているとすればむしろ頭がいいのかも、1時間やそこらで中身はなくてもPV数を稼げる記事を書けるのであれば効率的かも、とも思ってしまいます

 

でも一番腹が立つのがそういったPV目当てだけでタイトルと記事とのギャップが大きすぎる記事を書いているような人が

 

(しっかり書いたつもりの記事であっても読み返したり、違う角度から改めて見たりした場合に自分でこの記事の意見おかしくね?と思うことをありますのでそういった記事全てがPV数目当てとも言えませんが)

 

「私はブログで人生変わりました、私は文字で多くの人に感動を与えたい」

 

的なことを語ってるような人が一番腹が立ちますね

 

そんな思いもあったりなかったりっていう話です

 

 

え?僕はどんな思いでブログを書いてるって?

 

 

100億稼ぎたい でへへへへへ

 

ガッ

 

いてぇ!!

 

おわりまる

歯磨きをしている時に舌も磨いている人達集まれー

f:id:penipenipudding:20170820190544j:plain

 

 

好きな歯磨き粉の名前はクリアクリーンのペニプディです

 

みなさんって歯を磨いてるじゃないですか?

 

いや、みなさん『って』って言ってしまうと「え、お前は?」っていう話になってしまうんですが

 

実は僕も

 

歯、磨いてます

 

そう、今日は僕もみんなも必ずやったことあるよー、毎日やっているよーっていう歯磨きについてのお話なんですけど

 

舌をみがくのも含めての歯磨き?

 

これについてはみんなに当てはまってくるかは分からないんですけど

 

みなさん歯磨きっていう習慣を実行するときに舌も一緒に磨いてます?

 

まず舌を磨くっていう表現が正しいのかがまず分からないのですが

 

磨いてます?

 

僕は中学校2年を堺に一緒にキャンプに行った友達が舌を磨いているのを見てそこから磨き始めたんですけど

 

正直なんで磨いているのか分からないんですよね

 

予想はできます予想はね、それはたぶん

 

口がくせぇから

 

インパクトが欲しくて口がくせぇからって書いちゃったけど正しくは口がくさくなるから

 

そんな磨く理由もよく分かっておらず完全にイメージだけで舌を磨いている僕なんですが

 

(本当は知らないマイホームの医学的な番組で、実はそれいけないんですよ~って言われてたらどうしよう)

 

2回まではいける、3回目はちょっと厳しいよね

 

そう、3回目から厳しいわけ

 

ちょっと涙目になる日もあるくらい

 

2回目までは笑みなんか浮かべたりしてるんだけど、3回目には体が「やめとけ、もうお前は十分だ」って言ってくるんだ

 

え?なんの話かって?

 

嘔吐き(えづき)の話です

 

先ほども言ったとおり僕って歯を磨く時に舌も一緒に磨くんだけど僕のどうせやるならとことんやりましょう!っていう性格が発動して

 

(更新頻度についてはシーッ)

 

舌を結構入念に奥の方まで磨くんですけど

 

そうすると脊髄だか、のどちん○だかが反応して嘔吐いちゃうわけなんですよ

 

その嘔吐きが来る前か嘔吐いた瞬間に自分の満足がいくまでの舌磨きが終了していればいいんですけど

 

ところがどっこい、そうもいかない

 

そうして舌を磨き続けると2回目の餌付きがやってくるわけですよ

 

そんときは僕も

 

「おえ”え”え”ぇ、ふふっ」

 

ってな感じて、ほくそ笑んじゃったりするんですけど

 

3回目の嘔吐きが来た瞬間

 

ピタッ

 

 

ピタッ

 

 

体が止まる訳ですよ

 

そうして体が、というよりかはもう一人の自分が僕に語りかける訳ですよ

 

すごい仏様のような顔をしながら

 

「もうお前は十分やったよ」

 

もう一人の自分のイメージは体がちょっと浮いてて体がちょっと透けてて全裸なイメージです

f:id:penipenipudding:20170820191259p:plain

 

そして涙目で硬直している僕の体を見て肩にポンッと手を置き

 

「もういいんだ」

 

って言ってくるんです

 

そうして僕はそんなもう一人の自分の優しさになのか舌磨きの代償になのか分からずに流した涙を拭いながら毎日の歯磨きを終えるわけなんです

 

みなさん、この気持ち分かりますよね?

 

おわりまる