右と左は同時に見(ら)れない

【Dr.Martens】ドクターマーチン8ホールの白ステッチがかっこよすぎるからおすすめする!!

      f:id:penipenipudding:20190924150220p:plain

みなさん言ってましたっけ?僕って言ってましたっけ?

 

買ったのって言ってましたっけ?

 

いうならば「buy」したわけですよ。

 

あれ~、言ってなかったかな~、言ってなかったね~

 

そうなんです。買ったんです。Dr.Martensの革靴」を!!

 

Dr.Martens 8ホール

うっひっひっひ

 

と回りくどくDr.Martensの購入を報告したわけですが、実はかんなり前に購入自体はしていました。

 

(なぜ今頃おすすめするのかは、宇宙のビックバンの話まで遡ることになるからなしだよ☆)

 

そもそもDr.Martensってなんやねん、白ステッチってなんやねん、「スティッチ、リロすき(こんなセリフあるんか)」

というそもそもなんなのか分からないという方もいらっしゃると思いますのでまずは一回その姿をみてもらいましょう。

f:id:penipenipudding:20190924150432p:plain

 

それがこれ!!

 

どうですか、かっこいいでしょう。そうなんです、かっこいいんです。

 

ちなみにこれは僕が今回紹介したい種類のものではなく、Dr.Martensの中で一番定番のものとなります。

 

Dr.Martens ドクターマーチン

今回紹介するDr.Martens 8ホールの白ステッチをまず露わにしたところで、次はDr.Martensというブランドについてなんですが

ドクターマーチンDr. Martens)は、イギリスのエアウェア・インターナショナルLtd.(ノーサンプトンシャー州ウェリングボロー)が製造および販売を行っているのブーツのブランド[1]

主要な製品の1つに、エアークッションの効いたソール(バウンシングソール,bouncing soles)を黄色い糸で縫いつけたブーツがある。

ブランド名は、バウンシングソールを考案したドイツ人の軍医である、クラウス・マーチンに由来している[2]。ブランド名は、Doctor Martensや、Doc Martens、Docs、DM'sなどのように表記されることがある。

ドクターマーチンのブーツが、1960年代後半から1970年代中頃にかけて、スキンヘッドパンクロッカーなどのサブカルチャーで愛用されたことが紹介されることがある[3]

wikipediaより引用

というような靴・ブーツを主にしているブランドです。

 

ブランド名にDr(ドクター)と入っているように医者の人が靴の構造に関わっているんですねえ。

 

Dr.Martens 白ステッチ

そして今回僕がおすすめしたいDr.Martensの白ステッチというものがですね

f:id:penipenipudding:20190924150652p:plain

こちらとなっております!!

 

んー、どうですか、かっこいいですよね?

 

先ほど貼った画像と違うところというのが、ステッチの色!

 

 f:id:penipenipudding:20190924150814p:plain    f:id:penipenipudding:20190924150829p:plain

 

つまり靴のソールと本体のつなぎ目である紐のところなんですが、この色が通常のDr.Martensの黄色とは違い白となっています。

 

Dr.Martens 白ステッチ コーディネート

このDr.Martens白ステッチの何がいいかというとなんですが、まぁもちろん一番にかっこいい。これはありますよね。

 

そして次に白ステッチのいいところは「合わせやすい」これに限ると思います。

 

Dr.Martensの特徴というと黄色いステッチというのが誰しもが知る特徴なんですけど、この黄色ステッチでも黒い革靴であれば十分あわせやすいとは思うんです。

 

しかしながら、白いステッチになることによって黄色いステッチよりもさらに合わせやすくなっていすと思います。

 

黄色いステッチかっこいいんだけど、ちょっと合わせるの難しいなーというのも少し僕はありますね。

 

案外落ち着いたファッションをしたいと思ったときに黄色いステッチは主張が強かったりするんですよねぇ

 

Dr.Martens オンラインショップ

そしてこの紹介したDr.Martens 白ステッチの価格はというとなんと税込み22,680円!!となっております。

 

まぁ靴一足として考えると高いですけど、革靴で考えるとそうでもないですし、Dr.Martensの靴はソールが高く壊れにくいのでかなりながく履けると思いますので、そういった面からみても高すぎる買い物ではないと思います!

 

なによりドクターマーチンの革靴の中では20,000円という値段は下限の金額でもあると思いますので、逆にドクターマーチンを履くのならこのくらいの金額は出さなくちゃならねぇ!!ということですので、ぜひドクターマーチン履いてみたいという方はこのくらいの価格は覚悟しておいてください。

 

このおすすめする白ステッチはいつまで売り出しているかは分かりませんが、現在ではオンラインショップを見る限りでは販売中ですので、ぜひ見てみてください。

jp.drmartens.com

 

Dr.Martens 偽物

どうやらよくない連中達がファッション情報弱者達を食い物にしようと市場では偽物たるものが出回っているという話もありますので、多少値がはっても正規品が欲しいという方はDr.Martens の実店舗かオンラインショップで購入しましょう。

 

店員さんに聞いた話だと見分け方なんかもいろいろあるらしいんだけど、それはまたの機会にでも書きます。

 

ちなみに僕は店員さんの話を聞きながら実際に店舗に足を運んで購入しました。

jp.drmartens.com

まとめ

一足くらい長年履ける私服用の革靴が欲しいと思いDr.Martens の革靴を買うことになりました。そして買ってからしばらくの時間がたち、何回も履いていますが、買ってよかったと思います。少しきちっとした格好をしたいときの足元の定番と言えば革靴が定番だと思いますので、あなたの普段履き革靴の一足目にDr.Martens白ステッチをぜひ。

 

おわり