右と左は同時に見(ら)れない

【東京卍リベンジャーズ】感想!「頭使う不良漫画て・・・」 アニメ化間違いなし!? ヤンキー漫画×タイムスリップ 新感覚不良漫画を紹介おすすめする!!

 

        f:id:penipenipudding:20190709203447p:plain

 

今回は週刊ヤングマガジンにて絶賛連載中の漫画「東京卍リベンジャーズ」を紹介していきたいと思います。実写映画化にもなった新宿スワン作者和久井健先生の作品となっています。

※ややネタバレありかもなのでご注意を

 

第一印象

最初の印象としてはいやいや、「卍」て、タイトルに「卍」て、ちょっとダサくね?とすら思っていたんですが、読み進めていると、全然気にならないですね。

 

あ~、ね、うん、か~、そんなんあったよね。手裏剣みたい

 

そんなことよりマイキーかっけぇ。という風にまったあああくタイトルの卍なんて気にならなくなりますね。

 

タイトルのなんて模様みたいなもんですよ。手裏剣の模様みたいなもんです。

 

不良なら見た目じゃなく内容で語ろうや!!あ”ぁん!マジ卍!!

 

 

あらすじ

ということでさっそく紹介していきます。

f:id:penipenipudding:20190708162012p:plain

主人公はこの男「花垣タケミチ」26歳、フリーター

 

「オレが・・・橘を・・・?」って神妙な顔してるこの26歳がヤンキー漫画主人公です。

 

いやー、痛い、痛いですねー。26歳でメンチ切って「マジ卍!!」だとか「今日は集会すんぞ!!」とか言ってたら本当に痛いですねー。

 

でもご安心あれ、この主人公。「オレが・・・橘を・・・?」から一転

f:id:penipenipudding:20190708163954p:plain

 

「タイマン買ってくれよ」グッ こうなります。

 

はい、かっこいい。かっこいいですね。

 

これなら「集会すんぞ!!」許せます。

 

26歳から一転「タイマン買ってくれよ」グッ の主人公はこの時なんと14歳です。

 

26歳から急に14歳。何が起こったのか。

 

これがこの漫画の重要な要素。タイムスリップです。

 

主人公はタイムスリップすることができます。

 

タイムスリップの目的

様々なタイムスリップ物のドラマや映画、漫画などがありますね。

 

やれ時を超えるだとかバックをトゥ・ザ・フューチャーするだとかどの作品にも一定の目的があってタイムスリップをしていると思いますが、この漫画のタイムスリップの目的とは一体なんなのでしょうか。

 

その目的とはこの女の子を救うというもの。

f:id:penipenipudding:20190709195819p:plain

 

主人公26歳の現時点で死亡してしまっている橘ヒナタを救うというもの。これがこのタイムスリップの目的となります。

 

しかしながらこのタイムスリップには条件とルールがありまして、それが 

f:id:penipenipudding:20190709200135p:plain

この男、橘 ヒナタの弟橘 ナオト手を握ることタイムスリップ発動の条件

f:id:penipenipudding:20190709200352p:plain

12年前のその日にしかタイムスリップできないというものです。

 

これらの条件、ルールの中でタイムスリップを繰り返し、主人公は橘 ヒナタを死から救うことは出来るのか!?

 

なぜ不良の世界へと

ではなぜタイムスリップをして女の子の未来を変える為不良の舞台に繋がるのか。というところなんですが

 

橘 ヒナタ死因というものが、とある組織の抗争巻き込まれるというところになります。

 

その原因となるとある組織というのが、不良グループ東京卍会が成長したものとなります。

 

そのことから主人公と弟はその抗争がそもそも起こらなければ橘 ヒナタの死はなかったものとなる。という考えから不良の世界へと入り込み、未来を変えようと奮闘していくことになります。

 

そして主人公は不良の世界でどんな行動をし、何を変え、未来に起こった橘 ヒナタ死を救うことが出来るのか。これがこの物語のあらすじです。

 

魅力的な登場人物

・マイキー

f:id:penipenipudding:20190709201102p:plain

このキャラクターが僕が序盤にも言っていた「マイキーかっけぇ」の張本人マイキーこと佐野万次郎です。

 

どこがどうなって万次郎からマイキーなのか、そのあたりは僕も気になりますが、マイキーが言ったんだからマイキーなんだと思います。

f:id:penipenipudding:20190709201130p:plain

マイキー東京卍会の総長、トップである人間です。

 

このマイキーただただかっけぇ。めっちゃいいキャラしてます。身長は低く体格も小さいんだけど喧嘩最強人望も厚いキャラクター。ただちょっと抜けている所もある。

 

主人公はタケミチなんだけど、かっこよさでいうと断然マイキーですね。

 

・ドラケン

f:id:penipenipudding:20190709201147p:plain

ドラケンこと龍宮寺 堅東京卍会の副総長マイキーとは打って変わって長身でしっかり物というザ・右腕ポジション

 

ドラケンもめっちゃかっこいい。ただ未来ではドラケンも変わり果てた姿になって登場します。

 

この二人だけでなく、話が進むと魅力的なキャラクターはどんどん出てきますし、それぞれにスポットライトも当てられます。

 

この漫画は一人一人のキャラの掻き分けとスポットライトの当て方が抜群にうまいと思います。

 

みどころ

この漫画の見所は26歳フリーターで目標もなく過ごしている主人公が、過去に戻りマイキーや他の仲間達との出会いから逃げの姿勢である自分を変えていき、過去の自分に「リベンジ」するというところにあると思います。

なにより展開がめちゃくちゃ熱い漫画です。その上不良漫画というところなんですが、喧嘩ばかりのアクション漫画というわけではありません

タイムスリップ要素から「あいつが黒幕なんじゃないか」「重要なカギを握ってるのはあいつだなどという謎解き要素もあり、頭を使いながら読める漫画になっています。

ヤンキー漫画と不良漫画のありそうでなかった(すでにあったらすまそ)異色コラボ作品としてうまく物語が展開されていきます。

東京卍リベンジャーズはどこかのタイミングで確実にアニメ化される作品だと思いますので、今の内に追いかけてその時に備えましょう!!

※出典 講談社:東京卍リベンジャーズ   

 

penipenipudding.hatenablog.jp

 こちらの記事でも紹介しています。

                    

                                  おわり