右と左は同時に見(ら)れない

シュガーラッシュのお題、それぞれの理想について考えてみようか

#シュガラお題「理想のコンビ」



sponsored by 映画「シュガー・ラッシュ:オンライン」(12月21日公開)

 

やあ、みんな、今日は12月21日公開したシュガーラッシュに基づいたお題がはてなブログから出されているということでそのお題「理想のコンビに」ついて語っていきたいと思う

 

理想なんてものを語るのであれば自由自在に想像、妄想したものを思いつくままに述べていけばいいのかもしれないけど、案外「理想」っていうものは難しくていざ、それを考えるってなってその上考えをまとめるのは難しいと思うんだ

 

でもそんなことを言っていてもしょうがないし、まとまらなくても書いていかないと応募期間が過ぎていってしまうなんてことになってしまっては元も子もないからね

 

そうだなぁ、理想の・・・か f:id:penipenipudding:20190103004941j:plain

いや、待ってくれ、でも考えがまとまらないほどの想像力を持っているっていうのはある意味では幸せなことかもしれないね、今書きながら気づいてしまったんだけど、僕は今とても贅沢な悩みにぶつかってるのかもしれないね、そうだったとしたらそんな贅沢な悩みに気づかせてくれたこのお題に感謝になくちゃね

 

なんてそんな話をしていたら話がついつい違う方向に流れて行ってしまったね、そんなとこがいけないって友人のMからもよく言われるんだ、ハハ

 

しかしね、そんなときには僕はMケルに言ってやるのさ、目をみてね、「マイケル、人間っていう生き物には少なからず誰にでも欠点っていうものがあるんだぜ・・・」ってね♪

 

そういうとマイケルは頭のいいやつだから少し自分の考えが浅はかだって気づいた表情をした後にそういった僕の考えについて意見してくるのさ、いやー、前回も深夜12時から議論が始まってしまって結局一睡もすることなく二人で迎えた朝にシリアルを食べたっけな

 

ごめんよ、ついあの時のことを思い出して感傷に浸ってしまったよ

 

f:id:penipenipudding:20190103005240j:plain

 

でもね、今回のエピソードではマイケルが僕に気づかされた話をしたけれど、普段僕だってマイケルに気づかされることは少なくないんだ

 

いや?僕とマイケルが幼いころから一緒にいる仲か、だって?

 

いい質問だね、そういった質問は僕とマイケルとのやり取りをしばらく見た人たちなら決まってする質問だ

 

え?何回も聞かれている質問をしてしまって申し訳ないだって?おいおいおい、よしてくれ、君も僕とマイケルの話を聞いて自然に出てきた質問ってことだろ?僕はそういった自然な疑問は大切だと思っている人間だからね、なんの問題もないよ

 

そうだね、その質問に対する答えは「NO」、だね

 

f:id:penipenipudding:20190103005310j:plain

 

そういった質問を多くの人に投げかけられるってことは第三者から見て僕とマイケルの関係性は短期間では築きあげられることのできないような深いものだって思われるってことだとは思うんだけど

 

驚くなよ?僕とマイケルはなんと出会ってまだ3日なんだよ

 

ハハハ、驚いた顔をしているね、そんな驚き顔の君には僕からこの言葉だ「人間大事なことは一緒に過ごした時間の長さじゃあない」ってね

 

そうだな~、僕とマイケルなんかはもしかすると30年間一緒に過ごした夫婦よりも深い絆があるかもしれないって思わされることだってあるからね

 

あぁ、僕は結婚してないし、そもそも30年も生きていない、でも、なんていうのかな、分かるんだよね、感覚っていうのかな、僕とマイケルはそれほどまでの関係だってね

 

・・・

 

ん?ohh...:'-( なんてこった!?右下の現在書いた文字数を見てびっくりしたよ、いや、まさかな、驚くなよ?1500文字だってさ・・・

 

 

マイケルとの話でものすごく脱線してしまったようだね・・・、この記事ももしも彼が見てしまったらまた言われるよ、「君はパンの話からよくダークホールの話に持っていけるね」って、つまり、よく別の話から別の話に変わることができるなってことなんだけど・・・、まいったな、彼にはこの記事が見つからないようにうまいことアップしなきゃなlol

 

f:id:penipenipudding:20190103005413j:plain

 

まぁ、万が一彼がこの記事をみつけてなにかしら意見してきても大丈夫さ、そんなときには僕お得意のあの言葉を彼に捧げるよ「人間っていう生き物には少なからず誰にでも欠点っていうものがあるんだぜ・・・」ってね

 

f:id:penipenipudding:20190103005549j:plain

 

話をもとに戻そうか

 

うん、今日僕が書こうとしてたことは・・・と、そうだ、これだね

 

そうだな僕にとっての理想・・・僕にとっての理想のそれとは・・・

 

「24時間いつでもその時ほしいものを購入できる」これが僕の、僕にとっての「理想のコンビニ」・・・かな

 

「理想のコンビ」について END

 

筆者より

ここから物語が始まってこの男の子とマイケルはこれからこの上ない理想のコンビになっていって欲しいという妄想の上でこの記事を書きました

 

僕にとっての理想のコンビとはこのくらいポップなものでちょうどよく、理想って言葉に縛り付けられるようながんじがらめな関係性でなくてよいと思います

 

この一週間後に死ぬまで二人が口をきかなくなるような喧嘩をしてしまったとしてもそれはそれでよいと思いますし、一生続く関係性=「理想のコンビ」なんてものでもないと思います

 

1分、それがたったの1秒、であったとしてもある二人にとって最高の瞬間、時間があったとするならばそれはもう「理想のコンビ」といってしまってもよいのではないでしょうか

 

当初書きたかった記事はこんなものではなかったのですが、よくわからないまま書ききってしまったのでこのままの勢いで投稿したいと思います

 

ありがとうございました、おわりです