右と左は同時に見(ら)れない

サカナクションおすすめ曲ランキングベスト10を紹介するぞ!!

今回は僕のおすすめするサカナクションの曲をランキング形式にして紹介していきたいと思います。10位から発表しようか1位から発表しようかは非常に迷いましたが、とりあえず今回は試しに1位から紹介していこうと思います。サカナクションの曲はどのアーティストとも少し違うようななんともいえない独特の世界観を持っているので、好き嫌いも分かれるからもしれませんが聴いていてとてもおもしろいアーティストです。みなさんも今回おすすめする曲の中からお気に入りを見つけてくれたら嬉しいです。それではどうぞ! 

 

1位 新宝島

www.youtube.com

堂々の一位は新宝島です。 ポップやロックなどといった一つのジャンルに絞ることのできないこの曲。サカナクションは何かと何かの融合をテーマに曲を作ることが多いですが、この曲もまさに様々な要素の融合によって完成された曲なのではないでしょうか。一つのジャンルに絞られることなく「新宝島」という一つ確立した曲になっており、発売年である2015年では僕の中では一位と言っても過言ではない一曲となりました。

 

2位 『バッハの旋律を夜に聴いたせいです』

www.youtube.com

何からなにまでどこをどう切り取っても山口一郎の天才っぷりが発揮された一曲だと思です。この曲は詩吟をどう曲に組み組ませるかということをテーマに作られた曲でもあるそうなのですが、それを聞いた時にその発想のすごさに驚かされました。2番に導入するときのピアノの一音、これが大変良い。楽曲はもちろんのこと映像作品としても斬新かつ惹きつけられるような映像となっており、少し気味が悪いところもあるんだけどどこが目の離せないような作品となっています。

 

3位ミュージック

www.youtube.com

紅白歌合戦に出演した際にも演奏したこの曲。聞けば聞くほど好きになっていくようないわゆるするめ曲的な良さがあり、早すぎないテンポとシンプルな音のAメロBメロには歌詞の言葉や意味を考えながら聞かされます。後半のサビで一気に盛り上がる前半からの流れがすごく良いです。二番に導入する「濡れたままの髪で僕は眠りたい」この歌詞がお気に入りです。

 

4位多分、風。

www.youtube.com

タイトルから惹きつけられられたこの曲。出始めの「ほら ショートヘアーをなみかせたあの子」この出始めの歌詞とタイトルだけでもなにかしらの情景を想像できるようになっている。CCBのような電子ドラムのような音や、メロディー面でもハイスクールララバイに似たような懐かしさも感じられる要素が組み込まれている。MVでのショートヘアーの女の子と山口一郎が入れ替わるような映像も印象的。

 

 

5位陽炎

www.youtube.com

サカナクションベストアルバム「魚図鑑」に収録されたこの曲。サカナクションらしさと山口一郎には珍しい力強い歌唱方法から新鮮さも感じられるようにもなっている。「曇天に笑う」という映画の主題歌となっており、Youtubeに公開された映像では出演者達が「陽炎」に合わせてダンスしているものとなっている。

 

6位夜の踊り子

www.youtube.com

1番の終わりに「雨になって何分か後に行く」の歌詞が聴けないのがなんというかむずがゆいのだが、その布石からか二番でその歌詞が出てきたところではやっと聴けたという気持ちにさせてくれる。MVではメンバーが着物をまとい、化粧をしている姿で緑豊かなロケーションで演奏しているものとなっている。おしろいを塗った女性達が二人演奏しているメンバーの横で淡々と襲っているのが印象的でもある。

 

 

7位なんてったって春

アルバム「sakanaction」収録曲。ポップでもなく、特別早いテンポの曲ではないのだが、なにか耳に残ってくる曲。正直シングルの曲としてだしても遜色ないのではないかと思わされるほど僕は気に入っています。口で説明することはできず「耳に残る」というのはまさに聞いた人にしか分からないような曲になっています。アルバム曲で聞いたことがないという方はぜひ。

なんてったって春

なんてったって春

  • provided courtesy of iTunes
sakanaction

sakanaction

 

 

8位僕と花

www.youtube.com サカナクションのナンバーでは珍しく、割と純粋な歌物の曲。この曲も何回も聞けば聞くほど好きになってしまいます。MVはサカナクション節で視聴者を惹きつけるような様々な工夫がなされていて、間奏の間も目が離せなくなっています。『37歳で医者になった僕~研修医純情物語』というドラマの主題歌となっており、ドラマの主題歌となるのはこの曲が初。

9位Aoi

2013年NHKサッカーのテーマ曲。イントロとAメロのメロディアスな曲調から一転サビからの爽快感という流れがとても気持ちのいい一曲。Aoiという曲名から想像できる「青い」というカラーイメージをそのままにして感じることのできるサビ。僕的には「青い」というより「蒼い」という方のイメージの方が強かったです。みなさんはどういうイメージの「あお」を感じられるでしょうか。

Aoi

Aoi

  • provided courtesy of iTunes
sakanaction (通常盤)

sakanaction (通常盤)

 

 

10位哀愁トレイン

AメロBメロからはまさに「哀愁」という言葉がぴったりあてはまる曲調から進んでいき、疾走感あるサビへと突入するのだが、AメロBメロからの静かな曲調と歌詞の内容から疾走感あるサビにもどこか「哀愁」を感じることができる。どこか黄昏ながら気分が少し落ちている時に聴くと非常に共感ができる曲。

哀愁トレイン

哀愁トレイン

  • provided courtesy of iTunes
NIGHT FISHING

NIGHT FISHING

 

 

おわりに

 以上。僕のおすすめするサカナクションソングベスト10位でした。有名な曲ばかりだったかもしれませんが正直全部良い曲なのでここにあげた以外の曲もそれぞれで聴いてみて欲しいです。サカナクションはリリースぺースが最近遅い気がするのでもっといっぱい新しいのが聴きたいですね。そうしたらまたランキングの順位も変わってくると思いますが、その時がきたら随時更新していきたいと思います。

 

おわり