右と左は同時に見(ら)れない

右と左は同時に見(ら)れない

興味の範囲は幅広く。

【はてなブログ】一ヶ月間意図的にブログ更新しなかった結果wwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwww

 

ペニプディの名前を襲名してはや3ヶ月が経過した

 

1ヶ月目、2ヶ月目と勢いよくブログを更新しつづけたはいいものの・・・

 

3ヶ月目に入ると同時にブログの更新が止まった

 

止まったのではない止めたのだ

 

タイトルにもある通り、僕は意図的に

 

そう、あくまでも意図的にブログの更新を止めたのである

 

なぜ更新を止めたのか、今日はみんなにそれについての説明をしていきたいと思っている

 

疑問が生まれる

 

僕はブログを更新していた

 

2ヶ月の間に35もの記事を更新した

 

35記事では社会や政治、現代の世の中を様々な角度から斬っていくというような記事も更新した

 

ブログの運営報告をしたりなんかもした

 

それらの記事を更新していくにつれてある一つの疑問が生まれた

 

それは

 

「1ヶ月間ブログを更新せずに放置すると、更新している時と比べてどれくらいのPV数が見込めるのか」

 

 

毎日PV数を見ていると更新した日より更新しなかった日の方が、PV数が伸びている時があると思う

 

そこからきた明快な疑問だった

 

話の流れ的に急な疑問すぎじゃないか?と思う人もいるかもしれない

 

だが新たな発見や進化を遂げる直前というのはいつでも急なものなのだ

 

どこかの偉人も言っていたかもしれない

 

「ブログを1ヶ月更新しない、それは俺にとっては屁や、しょんべんをすることと同意なんだよ」

 

ってね

 

その偉人の言葉に感銘を受け、モロにその言葉が胸につきささったペニプディ少年はそこから屁や、しょんべんをすることと同意である行動を起こすこととなった

 

長く、それはとても短いもので 短く、それはとても長いもので 例えるならまるでオチソチソのようなものだった

 

1日1日地を踏みしめて1ヶ月という長くもあり、短くもある月日を僕は過ごした

 

それを実行したばかりの時はとても、偉人が言っていた、「屁や、しょんべん」というものからは遠くかけ離れていて、耐えられたものではなかった

 

例えるならまるで誰もいない、建物もない、吹雪の吹いている地域で一人、鼻水を垂らし、歯と歯がぶつかり合うような寒さの中で布団にくるまり体操座りをしているような。そんな気持ちになっていた

 

だがしばらくした時に、その寒さや、吹雪が気にならなくなったのだ

 

「これが環境適応能力というやつなのか・・・」

 

これに少しの感動を覚えたのもつかの間

 

もうしばらくするとまたもや、ある発見があった

 

ここで偉人の言っていた言葉がようやく理解できたのだ

 

ブシャー ブッ ブシャー ブッ 

 

そう、屁としょんべんが止まらなくなったのだ

 

この時から僕はその偉人が住んでいたであろうと言われている方角に足を向けて眠ることはできなくなった

 

時は満ちた、いざ結果報告をせんとする

 

「結果報告をせんとする」という日本語がこの世に存在するのかどうか

 

そんなことは僕にとっては屁や、しょんべんと同意なのさ

 

PV数 約310

 

正直こんなにも多くのPV数を稼げていることにびっくりしている

 

この記事の少なさで3ヶ月目という弱小ブログの中で更新もせずにこんなに多くの数字を見ることができるとは思ってもなかった

 

「なるほどこれが育てれば育つほど資産として成立するといわれているBUROGUという奴なのか」とも思った

 

重要な研究結果(自画自賛

 

自分で言うのもなんだが今回のこの研究結果はたいへん重要なモノになったのではないかと思っている

 

ブログを更新するものにとってはなかなかに興味深い結果になったのではないかと思っている

 

残念なのが僕のブログが戦闘力5のゴミだというところだ

 

ぜひとも最強ブロガーのみなさんにも重要な研究の為だと思って、1ヶ月間、断食ブログ計画を実行して欲しいと思うばかりである

 

おわりまる