右と左は同時に見(ら)れない

読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

右と左は同時に見(ら)れない

興味の範囲は幅広く。

新生活の人達に贈る!!!社会の縮図と不条理さ!!!

 

どうも、みなさん春らしいことやってますか!

 

えーえー、4月ということもあり冬から春に切り替わりいろんなイベントがわっさわっさ始まってきますよ。(4月というのにファンヒーターつけてこれ書いとるけど)

 

花見!!!いいですねー。テーマパークなんかも暖かくなるとちょっと待ち時間の長いアトラクションなんかにも乗ってみようかなー、なんていう気持ちにもなってくるのではないでしょうか。

 

春!!!その中でもやはり一大イベントと言っても過言ではないものがそう!新生活なのです!

 

新生活、ドキドキします。幼稚園、保育園に行く人はう○こに行きたいと先生に言えるか不安でしょう。

 

小学校に行く人は給食に嫌いな物が出たらどうしよう。小学校の時嫌いな食べ物、乾き物、湿り物にかかわらず防災ずきんにサンドしているやついたなぁ・・・

確かになんか非常食になりそうやけども!

 

中高生社会人はなんかいろいろ不安だなぁ。

 

と、年代によって新生活による様々な不安が付きまとってくるもんなんです。

 

年代によって始まる新生活の環境は違うかもしれません。ですがこれだけはどの環境にも言えることがあります。それが・・・

 

どの環境でも存在する社会の縮図

 

これがあります。

 

僕もこのフレーズを書いておいて自分で震えています。ネタではなく真面目に。

ええ、そうなんです。幼稚園だろうが、中学校だろうが、社会人はもちろん社会の縮図っていうのはどこでも存在するんです!

 

幼稚園、保育園なんていう小さなコミュニティでそんなもん存在するの?

 

します!しますとも!!確かに見えにくくはあります。年代が若いほどその縮図は見えにくいものとなってはいますがよーく目を凝らすのです。そうすると縮図が存在するんですよ・・・ぼやぼやーっと

 

 

 

【悲報】社会の縮図ってなんかどこでもあるらしいぞ

 

 

 

テテテーン♪ (悲しげなBGMを想像しながら読んで下さい。)

 

 

どうも僕です。

私が小学生3年の頃とです。

習字の先生が趣味でやってる押し花があったとです。

その押し花は本来なんらかの習字のノルマを達成した子がもらえる押し花だったとです。

ある一人のイケメンでクラスの人気者の子が授業終わりにその先生の押し花ボックスをおもむろに開けてこう言いましたとです。

「ぜんせー、この押し花ほしぃなぁー」

鼻水はカピカピです。でも人気者でした。

そしたら先生「えー、欲しいの-?・・・」

バカが!!!俺はこのシーンなんども見たぞ!!!あぁそうさ、みんなノルマも達成してねぇズボラな野郎共がもらって何が嬉しいのかわからねぇような押し花をこぞって欲しがっている。だがなぁ、てめぇら!残念だったな、このシーンを何度も見ている俺なら分かるゥ!この女、ノルマも達成してねぇ奴に押し花をくれてやったことは一度もだ!一度たりともねぇ!!!!この時の私の顔は荒木飛呂彦先生のタッチでした。

 

そしたら先生「えー、いいよー」

 

 

ばかやろおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおお

 

 

あー。バカだよ。てめーはバカだよ。発情期かよ。あーあー、笑いがとまらねぇよ。

なんだ顔か?そんなに顔が大事か?確かに彼は人気物だよ。

 

ですがここで腐る僕ではありません。

 

気づいた方もおられるのではないでしょうか。そうです。これはチャンスなのです。

このタイミングで僕も鼻水をたらしカピカピな状態で押し花をねだったら、生徒を平等に扱わねばならぬ教師という立場であるならばあげざるをえぬのです。

誰も仕掛けていない罠に勝手にはまった教師なのです。

クラスの人気物の子にテレパシーでお礼をいいました。

「サンキュー!ナイスだぜ、あとでウェットティッシュやるからな。」

 

そして僕は鼻水をカピカピにさせながら先生にこう言います。

 

「ぜんせぇぇぇぇぇー、僕も押し花ちょーだいぃ」

 

これはもう決まりました。稀勢の里もびっくりの決まり手です。鼻水カピカピ投げです。

 

そうすると先生「えー、もうダメだよー。」

 

僕は目を見開きクビのスジがイくまで何度も2度見をしましたよ

 

n度見です

 

 

てめええええええええええ、苦笑いしてんじゃねーよおおおおおおおおおおおおお

 

 

心の中ではそう叫びました。叫びましたが、小学3年生の僕は心の中で叫ぶことが限界なのです。声に出して、罵詈雑言を浴びせたかったですよ。

 

その時点で僕はシュンとしてなにも言葉を発することはできませんでした。

 

(´・ω・`)ショボーン←これがまさに僕です。

 

この顔文字は僕のあの頃の顔を見て開発されたんじゃないかと思うほどの出来です。

 

この時は言葉に表せないような不条理さと人気物でイケメンが世の中を制すという社会の縮図の一部を体感した僕であったのです。

 

 

 

 

これを新生活の方達に送る社会の縮図としては少しズレたものとなってしまったかもしれませんが、社会というものは不条理なことも起こりうるということです。

ですが全てを不条理で終わらせるのではなくなぜこのような事態になったのか、どこかが間違っていたのか、などと原因を考えることも大切です。

この場面でももしかしたら僕が気づかぬ間にチャックが空いていてポロチンの状態で先生に押し花をねだってしまい、それに引いた先生がつい拒否してしまったとかね。

ですが原因追及もほどほどにね。ある程度考えたら、保育園、幼稚園生は、プリキュアを見て、小中学生は、パズドラなりモンストなりやって、高校生ならエロいこと考えて、社会人ならお酒飲むなり、趣味に没頭するなりして、いっぱい寝て忘れてください。

 

ということで僕の語る社会の縮図についてはこれで終わりィ!

 

ここまで読んでくれた人がいたらありがとねー。